QLOOKアクセス解析

真実史観を子孫へ!スパイ捏造史破壊大和九九年戦争適者生存史

歴史は線!点丸暗記丸鵜呑みは亡国!植民地独立付与宣言を考え一億総歴史家へ!転載可要出自記載
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真実史観1空中蘭園・温室・植え込み材料無し無し空・皿栽培胡蝶蘭バンダ

 以下の写真皆、右クリックで背景に設定可能です。blog_import_52747fe8035a4.jpg

空中蘭園  温室無し植え込み材料無し 無し無し栽培 空栽培と皿栽

胡蝶蘭(Phalaenopsis)は一稔植物か多年生植物か?

祖母がよくいっていた。「間違ったことをたくさん知っているより、知らないほうがいいんだよ」。「アメリカの鏡・日本」ヘレン・ミアーズ

blog_import_52747fedc2b43.jpg

冷暖房湿度制御不用で長命ラン栽培 洋蘭の栽培は、過保護ともいえるほどの好環境の冷暖房湿度制御完備の温室で促成栽培されています。過保護の温室から出された多年草の洋蘭が、ラン展等で販売される。一気に不適環境という奈落の底に突き落とされたランは、たちまち枯死してしまう。蘭展はいわば、枯死宣告展とも言える。現在のNHK等の栽培方法は、冷暖房湿度制御完備の温室とセットでなければ成立しない、栽培方法です。NHKはここを隠蔽し、あたかも簡単であるかのように、歴史同様、得意の良いとこつまみ食い放送である。与えられた寿命の多年草ランを、一年草として枯死させず、多年草ランとして栽培する、空栽培皿栽培の世界への流布が、私の念願です。

 

 洋ラン・胡蝶蘭や蘭の、病気や害虫に強く生育の良い、栽培管理作業し易い、植え替え作業簡単な、最新の育て方、葉茎根目視確認 水遣り時短 肥料僅少 置き場所取らず。胡蝶蘭の育てかた、習うより慣れよう。寄せられました皆様のご意見により、見るだけでなく、栽培管理を体感する、HPとなりました。従来の基礎知識から脱却し原点に回帰、環境を再現した最新の栽培管理の育て方で、ヒントやポイントも異なる。HP見るだけの耳目表音知識ではなく、胡蝶蘭と共棲し栽培、表意管理する、胡蝶蘭等の最新栽培法です。やっと四季折々に体感出来るHPになりました。

 

 ただいま蘭・洋蘭「ファレノプシス・カトレア・デンファレ・オンシジウム・エリデス・ナゴ蘭・風蘭・ギンギャヌム、等々」と共棲中。鉢無し、水苔(植え込み材料)無し、温室無し、無い無い尽しの、病虫害に強い最新の胡蝶蘭の育てかた、着生蘭が長命蘭となるECO空中栽培、空中蘭園開園中。環境を再現した最新栽培管理皿栽培で、マイナス生育ではなくプラス生育で、長寿な長命蘭、霞に生育する天空の蘭を、育成しよう。

 

空中蘭園 蘭生の 皿栽培(Sara saibai)data 04,1,7.東京都練馬地区、現在の長命蘭最新栽培管理データ。蘭は平屋の室内、根も葉も生育中、居間、300鉢(単茎性9割)と共生越冬中、エアコン(air condtioner)加温で最低気温13度維持(厳冬期1月15日~2月15日夜だけ加温)、加湿せず給水だけ、給水時間20分、湿度40~50%の人体最適湿度、共棲して風邪ひかず。加温不要になりました。04.3.29.。屋外栽培管理04.05.11.から。屋内栽管理培04.10.20.。05.11.1。06.11.11..から。

天空の蘭

 人と蘭の生活温度帯が酷似するのに着目し(複茎性着生蘭の水苔無し、温室無しの栽培方法は既に確立していたが)、16年ほど前のこの着想より始まった私と胡蝶蘭との付き合いは、4年間は従来のあらゆる栽培法を試みたがマイナス生育のため、生殖成長し毎年開花はするが(開花するので株は生育しているものと勘違いして)三年程で全滅。胡蝶蘭の花言葉は、あなたを愛します、白い花は、純愛、なのに、愛の表現に贈られなかった理由が氷解した。これまでのあらゆる栽培法では全滅し,従来の入門書や育て方は温室必須の栽培方法であり、温室を持てない購入者側の栽培方法ではないことが、間違いの発見(失敗)判明した。結果、変化不可の温室栽培管理必須から脱却、育成の原点に回帰、胡蝶蘭の自生地を再現し、鉢無し、水苔(植え込み材料)無し、温室無しの、無い無い尽くしの病気や虫害に強い、環境の激変不可(従来の栽培管理)ではなく、環境の激変に対応した最新の皿栽培方法に変えて多年生植物となり、マイナス生育からプラス生育へ、病気や虫害に強く長寿となり、10年生も数が増え、蘭と共棲し合うことが出来るようになりました。換言すると、“温室使用は変化不可栽培管理が最大のポイントに成る”。花が終わって、リストラされた胡蝶蘭が、いつも身近にいる長命蘭となり、ペット蘭まで進化、複茎性着生蘭と共に長寿な胡蝶蘭、天空の蘭となりました。

間違いを失敗と認識すれば後退、間違いを発見と認識すれば進歩、人類は後者だと、「蘭」に教わった顛末である。

 挫折しかけたのですが、昨秋、残っていた大きな課題を解決しましたので、2004年、HPに載せました。これまでの苦労が嘘のようなこの最新の皿栽培方法は、簡単なので、愛玩蘭として気楽に付き合っています。温度と葉焼けに注意し、水が切れたら根を見て水やりすればいいのです。水やりは、葉や根が輝いて教えてくれます。自生地では自然に生えている蘭ですので、慣れれば他の稙物よりはるかに簡単で、誰でも栽培できます。失敗の連続だったバンダ(Vanda)が、栽培方法を変えて只今越冬中、今年越冬すれば問題なし。2004年は、空中蘭園開園元年です。16年かけてやっと我が家が、胡蝶蘭も共棲する、空中蘭園になりました。

 私が皿栽培中の蘭は、現在5割が、リストラされた蘭の、再生蘭です。複茎性蘭の再生は容易ですが、単茎性の胡蝶蘭だけは、観賞と輸送を目的に、花茎を固定し、根を固定するため、ミズゴケを固く詰め込んで植え込まれているので、根への障害が大きく、根が少ないと、単茎性であるがゆえに非常に難しい。現在、再生率9割であるが、出荷時が最良で、購入時は、弱っているため、病虫害に侵されたものがほとんどの最悪の状態の蘭ですので、病虫害の見極めが出来なくて、他の蘭に移り、全滅したこともありました。病虫害の見極めが出来ない方は手を出さないほうが無難です。でも、花落ちでリストラされた蘭が再生していく命の生きざまは、造られたドラマを見るよりはるかにおもしろく、また、癒され、どれだけ、励まされたことか、計り知れない。開花時の一部分の花だけでなく、華やかな花を創造する葉・茎・根の生育を、四季折々観賞しています。栽培方法が確立したので、品種が少ない、リストラされた蘭だけでなく、現在は苗からも育てています。もちろん、値は張るが、苗からの栽培の方が多品種で病虫害も無く、根が張りやすく病気もなくより長命蘭となり簡単です。

 

(注1)単茎性 一本の茎が上に伸びながら花を咲かす蘭。バンダ(Vanda)、レナンセラ(Renanthera)、胡蝶蘭(Phalaenopsis)、エリデス(Aerdes)、リンコステリス(Rhynchostylis)など。洋ラン最低気温10℃~15℃。皿栽培

(注2)複茎性 毎年茎が横から伸び、1年で成長し花を咲かす蘭。カトレヤ(Cattleya)、シンビジウム(Cymbidium)、デンドロビウム(Dendrobium)、オンシジウム(Oncidium)、ギンギヤヌム(Kingianum)、デンファレ,など。ちなみに、これら複茎性蘭は温室無し、水苔無し、のほうがよく育ち花芽もつきやすく、病気や虫害に強く、長命となり、初心者でも簡単に育てられる。最低気温0℃~5℃。空栽培

(注3)着生蘭 樹皮や岩などに根を張っている蘭。上記の蘭。

(注4)地生蘭 地中に根を張っている蘭、敦盛草、熊谷草、サギ草、など。

(注5)マイナス生育・プラス生育 辞書にも載っていないので、説明してくださいとのmailへの返信。マイナス生育・プラス生育は蘭生独自の使い方かもしれないので説明します。

マイナス生育 株が生殖成長となり、一稔植物として生育している状態。株が衰え、生殖成長となり、衰えるのに反比例して、花芽の成長が早く、よく伸び、見た目には株も生育しているように見える。子孫を残すため全精力を注いで開花、やがて消滅。

プラス生育 多年生植物として栄養成長している状態。

 

 下の写真は典型的なマイナス生育の胡蝶蘭、アマビリス(amabilis)である。病気のため根無し株となり、3枚の葉も乾燥して皴皴となったがなんと、花芽3個と新葉が2枚出ている、しかも花芽の生育が早い、4センチあるが、他は、まだ1センチである。蘭生は5年間このど根性蘭に幻惑されるが、花芽分化や命のしくみを理解したときは、蘭育成のさまざまな疑問がこれにより一瞬に氷解し、瞬時に学んだ瞬間でもある。子孫繁栄へ向かって鬼気せまるものを感じる。プラス生育に変換可能か。2005.11.15.

ど根性蘭

blog_import_52747feeece1b.jpg

blog_import_52747ff046833.jpg

高芽と花と根と葉。花後の花茎を切らずにおくと、たまにこのようになり高芽になる。手前の緑の茎は今年の花茎。

 

最新の育て方(葉茎根目視確認 水遣り時短 肥料僅少 置き場所取らず)の特長は次の3点です。

◎三次元で栽培出来るので置き場所が10倍に増える。

◎着生蘭の自生地を再現し、植え込み材料を一切使用しないECO栽培のため、病気や虫害に強く、長命蘭となる。

◎自然体で飾り棚に飾り、華やかな一部分の花だけでなく、宝石のように輝く根や葉など、全体を観賞する。

皿栽培(sara saibai) 07.1.1.開花中。バンダ・銀河・アングレカム

blog_import_52747ff1cdfc4.jpg

空中栽培(夏は屋外、冬は屋内で蘭と共棲。)  蘭の花は開花期間が長く、胡蝶蘭などは4ヶ月咲きつづけます。(咲き始めたら場所をかえない。)長命蘭TV上の胡蝶蘭(茎は根が無くなったため15センチ程切断してます)は、空中栽培を12年間応援し続けている最長命胡蝶蘭12年生です。右は今年の最長命です。病気に強く、虫害にもめげず、3枚の葉を出し、背中に子供を背負い(右)、只今葉も根も輝き生育中、今年も定位置のTV上に鎮座しています。05年屋内栽培。05.11.5.バンダ(Vanda)皿栽培方法確立。むき出しの根が気になる方は紗で覆って観賞すればよい。06.2.9.

しかしながら、蘭のことを思えば、如何に根を張らせるかが最大のポイント、根を診るのが、正当である。歴史もこれと同じ、マスコミは花のみつまみ食いして大騒ぎするが、国民はこれに惑わされずに、しっかりと足下を見つめることが最も肝心なのである!根が無くとも生殖成長し蘭は花を咲かすが、すべて枯死する。2011.11.10.

blog_import_52747ff3d4b99.jpg blog_import_52747ff55ec80.jpg

blog_import_52747ff709940.jpg  

blog_import_52747ff878fb4.jpg

テレビ蘭開花

blog_import_52747fedc2b43.jpg

blog_import_52747fff1f101.jpg

 blog_import_52748000af820.jpg

blog_import_5274800236c8f.jpg

バンダ

blog_import_527480049b369.jpg

blog_import_52748007147e6.jpg

blog_import_5274800b86644.jpg blog_import_527480099eb47.jpg blog_import_52747fff1f101.jpg

blog_import_5274800da14c0.jpg

blog_import_5274800f53012.jpg  

blog_import_5274801106525.jpg

blog_import_5274801627f4f.jpg  

blog_import_52748018367e6.jpg

blog_import_5274801b61efa.jpg

blog_import_5274801f64084.jpg  

blog_import_527480220b46d.jpg

スポンサーサイト
[ 2011/08/02 19:00 ] 天空の蘭 | TB(0) | CM(1)
フリーエリア
プロフィール

真実史観

Author:真実史観
 自虐左翼に非ず捏造が正当。
 私は物づくりが業で温室水苔無しの新栽培蘭(空・皿栽培)が趣味。物づくりでの捏造は即、死。
 米国負い目払拭作戦、愚民化洗脳WGIP善悪史観で、侵略者極悪先人と捏造。
 NHK朝日毎日TBS日教祖らが60年経ても捏造洗脳犯日教育。捏造亡国祖国存亡の危機、06年学歴肩書不要虚実検証実事求是子孫へ遺す真実史観HP開設。
 倒幕は独立目的、戦争は、征服者食民治主義凶産主義との、最適者生存戦争。日本は軍民一丸適者生存蜂起軍。全征服者と戦ったのが日本、蜂起戦争は常識。
 迫った時代の激流最適者生存。子孫死守、時代の衣を纏い軍民一丸の蜂起軍と化し、子孫生存を懸けて戦い食民治主義破壊、共産は凶産カルト、捏造が党是と暴露、人類の新秩序共存共栄と平等を創造した先人と世界の同胞に捧ぐ。
 新生日本最速は、不買(新聞・雑誌・犯日スポンサー)不払い(犬HK)不投票(亡国奴)の三不。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。